お手頃価格でお洒落な大人のリアルクローズ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 電動キックボード | main | 夏コーデ7DAYS >>
真夏に暖房

 


のどかな港町カレーでのんびり過ごし一泊。
車も体も休まったところでいざ出発!!

フェリー乗り場はとても広くて車もたくさん。
検問所を通過するのに渋滞状態だったのだけれど。

そこで事件は起きました。。。

ドイツフランスオランダベルギー、イタリア、ポーランド、
ロシア〜。
色んな国から来てるね〜なんて、よその車のナンバーを見て楽し
んでいたら・・・

ボンネットから白い煙が・・・。


やっちまったー!!


オー!

バー!

ヒーーーーーートッ!!!!

先日まで問題なく動いていた冷却ファンがこのタイミングで故障。

横の車の助手席の女性が『オーマイガー!』と叫んでいました。
一瞬焦るけど、煙じゃなくて沸騰した冷却水の水蒸気なのよん。

以前も、長時間渋滞にハマった時にオーバーヒートしたのに、その
事をうっかりすっかりぽっかり忘れていました。
なので専用の冷却水を持って行ってなくて、せめてミネラルウォー
ターでもあれば良かったのですが、炭酸が入っているものしかありま
せんでした><

どうしようとかと困っていたら、みんな渋滞で暇なのか?次から次
に大丈夫か?と声をかけてくれ、検問所の係員さんも、
『心配すんな!今お水もってくっから!!!』と走って持ってきて
くれました。
(何故か悟空風に翻訳。)
せっかくの善意だけど、水道水はカルキがあるから故障しちゃうの
で駄目なんだけどなー、言いづらいなー、持ってきてくれたら入れな
いとダメかなーと思っていたら、

『これはちゃんとした精製水で、しかもいいやつだから安心しろっ!』

と言って笑顔で差し出してくれました。ありがたや〜。



 

 

1908-london17.jpg

 

 

運良く?しばらく渋滞状態。
高速道路の渋滞と違って、車を一台ずつチェックして流れていく
ので、10分〜20分おきに一台分ずつ進む感じです。

 

なのでボンネットを開けっ放しにしたまま、一台分進んだらエン
ジンをかけず手押しで(笑)進んで、というのを繰り返しているう
ちに温度も下がってきて、何とかフェリーに乗る事が出来ました。

ホッ。

 

1908-london3.jpg

 

ドーバー海峡渡るでぇ〜!!!!
って、先頭!!(笑)
バッテリーもアレな子なもんで、到着後エンジンかからなくなったら
後ろが詰まって大迷惑です。ドキドキ。

 

1908-london14.jpg

 

そんなこんなで1時間半ぐらいであっという間にホワイトクリフが
お出迎えです。

ユーロスターとフェリーと迷ったけどフェリーにして良かった!!!

 

1908-london15.jpg

 

 

カモメが大きい・・・。
そして人馴れしている。
インスタ用にどうぞ、と言わんばかりのキメ顔で、たくさんの人に
撮影されていました。

フェリーと並走、並飛行?するカモメもいました。
ふわーん、ふわーんと浮いていて、時々行き過ぎるとUターンして
また並走です。
とっても気持ちよさそう。
乗客がくれるエサ狙いなのかもしれませんね。

 

1908-london22.jpg

 

少し休んで落ち着いたようで、到着後もちゃんと動いてくれました。

古いタイプのミニは、オーバーヒート対策で暖房をつけて熱気を逃が
す、という方法があるので、念の為暖房をつけてロンドンへ向かいました。
先日の40℃近い猛暑日じゃなかったのが幸いですが、それでも真夏
に暖房をつけて走るのはとてもキツイ(笑)

日差しは強いし、熱風を浴びるし、暑いので窓全開にするけど高速
道路なので空気悪いし・・・、慣れない土地で慣れない左側通行で、
気も遣うわ、暑いわ、でしたが。。。

なんとか汗だく&頭も体もくたくたな状態でホテルに到着です。

 

 

 

ロンドン市内は慣れない左側通行なうえに、交通量も多く、また
歩行者がガンガン信号無視する大・大都会なので、市内の移動は
電車やバスと決めていました。
なのであとは帰りの日までホテルの駐車場でおやすみです☆

 

 

 

 

ホテルの部屋から見えるので色々安心♪

さぁ、帰りの日までゆっくり休んでね〜。

 

つづく。

にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
↑↑↑↑↑↑
応援有難うございます!
私の元気の源であります!!

↓↓↓↓↓↓