お手頃価格でお洒落な大人のリアルクローズ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お散歩写真

 

運動不足を解消すべく、時々お散歩しています。

この時期、ライン河沿いに突如現れる羊の群れ。

 

200329-4.jpg

 

近くに寄ると、プツッ!!プツン!って、雑草を食べる音がします。

 

200329-5.jpg

なんとか戦隊みたいな並び方。古いか。
じゃあ、アイドルみたいな並び方って事で。
200329-7.jpg

 

子供と遊んだり、タコあげしている人も。

 

200329-6.jpg

 

3月末に咲き始めた桜や木蓮も、散る前に楽しむことが出来ました。

 

200324-9.jpg

 

 

200324-11.jpg

 

ドイツは政府や医療が色々としっかりしていて、気質もまじめで
ちゃんと規則を守る人が多いので、制限がある中でも最低限の自由が
保てる状況に抑えられているのかもしれません。

イタリアやスペイン等はお散歩も禁止らしいので(--;)

 

200324-12.jpg

 

肉眼で見ると綺麗なブルーなのですが、お天気良すぎて
色が飛んでますね〜。しばらくしゃがんで見てました♪

と言う訳で、とある日のコーデ・:*:・’★.。・:*:・’☆

 

 

200324-1.jpg

 

華奢な桜の木ですが、4年前に比べると少し立派になっています♪
4年前の画像はこちら



ルーズタートルニット(ARKET/SHOP取扱商品
デニム(LEVI’S)
スニーカー(Adidas/EQT/過去ご紹介商品)
コート(LOEWE)
トートバッグ(
ARKET/SHOP取扱商品

 

 

ベルリン2日目

 

パンダちゃん目当ての今回の弾丸旅行。
ホテルも動物園の目の前にしてみました!

でも寒いからか、動物あんまり出ていません!(笑)

 

2002berlin31.jpg

 

鳥コーナーが近いので、朝から晩までジャングルのように鳥の鳴き
声が響き渡ったり、普段見ないような大きな鳥が目の前を飛んで行
ったりします。(園内で放し飼いタイプのやつ)

ハンモックに揺られて目を閉じれば、ちょっと涼しいジャングル
気分?!

 

2002berlin2.jpg

 

春夏なら、緑も生い茂って綺麗だろうなーと思ったのですが、緑が
多いとそれはそれで何も見えなくなります。
この時期はかろうじて、枯れ木の隙間から鳥や時々外に出ている猿
が見えるので。
パンダも外に出ていれば見える位置なのですが、ずっと屋内に引き
こもっていたようです。

ホテルは今風のお洒落な感じで、従業員さんもみなフレンドリーで
居心地が良かったです。

 

 

2002berlin3.jpg

 



ここは朝食が美味しいと聞いていたので、ちょっと高めではありま
したが朝食付きにしてみました。

これが・・・

よござんした〜♪

 

 

2002berlin8.jpg

 

焼きたてパン各種はもちろん、はちみつが巣蜜だったり、ソーセージや
卵料理等の温かいものはルクルーゼに入っていたり、お姉さんに頼むと
フレンチトーストやホットケーキも作ってくれます。
コーヒーも美味しかったし、スムージーも自分で好きな具材を選んでミ
キサーにかけて作る事ができます(飲んでないけど!)。

 

2002berlin9.jpg

 

大好きなサーモンも生ハムも揃ってるし、野菜もフレッシュでした。
ホテルの朝食って、あまり食が進まないのですが、ここではたくさん
食べました((^┰^))ゞ

 

2002berlin10.jpg

 

 

出発前は滞在する2日間、がっつり雨マーク(その前後の日にちも)
だったのですが、いつも旅行の時に頼る、てるてるトリオ
→★
にお願いすると、晴れるんですよね〜。すごいですね〜!
ありがたや〜〜〜〜♪♪♪


ちなみに朝食前にもまた動物園に行っていました。
(朝一で行くとパンダちゃんとの時間もたっぷり楽しめます)
で、夜の便で帰るのでまだまだ時間はたっぷり。
夕方からはベルリンに住む友人とディナーなので、それまで
ぶらぶら、珍しく美術館なぞに行ってみました。
今までの私達なら絶対ない選択ですが、夏に行ったロンドンで、
母に連れられて行った美術館が意外と楽しかったので、行って
みようか〜と。

 

 

2002berlin29.jpg

 

旧国立美術館(Alte Nationalgalerie)
写真は、美術館を背にした景色。
美術館撮れよっちゅうねん!!

美術にまったく詳しくない私でも知っている名前がチラホラ。
モネ、マネ、ルノワール・・・もう出てこない(笑)

でも良いのです。
空いていてじっくり楽しめました。

ドイツ人画家の作品も多く、パッと見ていいなと思うものは、
フランス人画家よりもドイツ人画家が多かったです。

 

2002berlin23.jpg

 

この白雪姫もドイツ人。ビクター・ミューラー。
白雪姫が、ドレスが、素敵すぎます。
柔らかそうな金髪もかわいいし、風でなびく裾がたまりません。
柄?色味も好き。
小人は・・・うーん・・・ノーコメントで。←オイ

 

2002berlin25.jpg

 

おフランス、おモネの作品
モネは好き。筆先で細かくちょんちょんちょんちょん、ってした
感じが好き。緑の混ざり具合とか最高。

 

2002berlin12.jpg

 

私達夫婦が一番気に入ったのはこの方。
再びドイツ人。Adolf von Menzel。
光と影の表現が素晴らしく上手い。
ほぼ真っ暗な鉄工場?の絵もあったのですが、よく見ると暗い
ところに描かれた人物も存在感があってすごいし、絵がうまい!!
当たり前かもしれませんが・・・うまい!と感じた画家でした。

 

2002berlin27.jpg

 

これは誰だったかな・・・。
絵がいいなー、ではなく、細かいー!!と思って見入ってしまった
1点。

だってほら、レンガの建物、レンガひとつひとつ書いてまっせ!

 

 

2002berlin28.jpg

 

 

あーー!もっとアップにして見せたい。
今見えているレンガっぽい区切り、その中にも更に小さなレンガ
が積み重なって描かれているのです。
ほんとに小さなレンガひとつひとつ積み上げた建物をそのまま忠
実に描いた感じです。
地上階の商店も、ガラス窓の前に沢山品物(ガラスの容器のような)
が並んでいるんですよー。
こまかーー!
きっと超A型なんだろうな。この人。絵全体がきっちりしている。

なんて、正しい絵画の味方、とはかけ離れているかもしれませんが、
私たちなりにあーだこーだと楽しんだのでした。

 

 

2002berlin30.jpg

 


美術館から歩いてすぐのところにあるベルリン大聖堂。
周りの観光客は全貌をおさめようと後ろに下がったり、かがんだり。
私はフォルクスワーゲンのバス(アイス屋)が入れば、と一人下の方をパシャリ。

 

2002berlin32.jpg

 

友人との久しぶりの再会&ディナーに行く途中の夕焼け。。

 

2002berlin33.jpg

 

旅先で見る夕焼けはまた格別。同じドイツなのに(笑)

美味しく楽しい時間はあっという間。
もう帰りの時間です。

 

2002berlin34.jpg

 

帰りに乗り換えた列車がボロくて・・・
希望の時間のチケットがそれしかなかったのでICEではなくIC
(行きと乗り換え前までは新幹線で、乗り換え後は在来線特急の
ような違い)になったのですが、夜だしゆっくり寝れたら、と
思って1等車のコンパートメントにしたのですが、臭いし汚いし、
座りたくない座席でした(涙)
コロコロ(服のほこりとか取るやつ)を持ってきていた事に気づ
き、シートをゴロゴロして、少し落ち着きました。

 

 

2002berlin35.jpg

 

それにしてもレトロですね〜。
照明のボタン。そして暖房のスイッチ。

 

2002berlin36.jpg

 

ちなみにこの後コンパートメントのある車両だけ停電になり、車
掌さんが回ってきて、席を移動して下さいとな。。。
寝るし、スマホのライトあるし、大丈夫です、と言っのたですが、
危険なので(犯罪に巻き込まれたら危ないので)移動して下さい
と。
こわー。そんな物騒なことあるのかい・・・?

で、1等車だったのに2等車に移動させられ、かったい座席で、
夜なので怪しい乗客などにも注意を払いつつ、全然眠れず
帰宅しました。(少し遅れて到着夜中の3時)


くたくたになったけど、なかなか楽しい弾丸旅行でした♪
また行きたいなー!

 

双子ちゃんに会いに

 

まだドイツが感染者もなく比較的のほほ〜んとしていた2月に、
連休を利用して動物園に行っていました。
冬に行くのは珍しいのですが、パンダの双子ちゃんが小さい
うちに会いたくて♪
3月か4月にしようかと思っていたのですが、その時期はチケッ
ト・ホテルが高かったので、急遽決めて(我が家はいつもそう
ですが(笑))弾丸旅行となったのですが、逆に良かった。
3月だったらコロナ騒動で頓挫していたかもです。

 

2002berlin13.jpg

ベルリン生まれのメン・シャンとメン・ユアンちゃん。
生後6か月ぐらい。

 

 

2002berlin6.jpg

 


老若男女、みんなメロメロです。
2匹でじゃれ合っている間、ママパンダは意外とマイペース。

 

2002berlin7.jpg

 

パパパンダに至っては、母子と全然違うスペースで、大好物の笹に包まれ
て笹を食べるという贅沢に浸っていました。

 

2002berlin16.jpg
 



白い狼。
ほぼ犬、っていうか犬でしょ?とまぁ違いが分かりません。
もう少し野性的な、鋭い顔立ちだと狼っぽい〜と思うのですが、
日本犬みたいな温和な表情が、犬感を醸し出しているのかな。


 

2002berlin15.jpg

『好物のお酒を飲んでいる夢を見ているおっさん』

なカバ。
時々口をむにゃむにゃさせて、水を舐めていました。
2002berlin18.jpg
園内のあちこちに、このピンクの丸い実がたくさん実っていて・・・
でも枝は枯れ木なんです。
薄いピンクから濃いピンクのグラデーションで、枯れ木との
組み合わせもすごく好きなテイストなのですが、南天の一種でしょ
うかね?

そんな丸い実越しのカピパラ殿。
2002berlin17.jpg
枝が鼻に刺さってるみたいになっちゃいました。
奥にいる一匹は、じーっと壁とにらめっこしています。
壁を見つめながら何を考えているんだろう?!
2002berlin20.jpg
敷地内に水族館もあります。
クラゲ。
2002berlin19.jpg
不思議な生き物。
ぽよーんぽよーんと泳いでいるものもいれば、ただただ浮遊
しているだけのものもいて、見ていて飽きません。

くらげ・・・
2002berlin21.jpg

 

 

じゃないや、これは。
 

 

 

2002berlin22.jpg

 

園内のごみ箱のイラスト。
かわいい。。。このデザインのエコBAGがあったら、絶対
買うのになー!!!

 

と言う訳でこの日のコーデ(ちゅーか1泊2日同じ格好)

 

 

2002berlin14.jpg

 


Vネックベスト(COS/過去ご紹介商品)
ラムウールワイドカーディガン(
COS/SHOP取扱商品
カーヴィートラウザー(COS/過去ご紹介商品)
シンプルウールストール(
SELECT/SHOP取扱商品
スニーカー(NIKEインターナショナリストオールブラック/過去ご紹介商品)
エコBAG(
ARKET/SHOP取扱商品
コットンリブニット帽(H&M/過去ご紹介商品)

 

 

44PARIS-4

ヴァンドーム広場。
ナポレオンの像よりもツリーと建物の美しさに目を奪われる。

 

1912-paris40.jpg

 

最終日は美味しいお肉が食べとわい!
と意見が一致し、老舗っぽい渋いレストランへ。

まさに、想像していた通りの素敵なお・に・く!!!

 

 

わーい!

 

1912-paris49.jpg

 

しかしお兄さん、勢い余って端っこを飛ばし床に落としてしまう。
(その瞬間を激写していた奇跡)

 

 

 

1912-paris51.jpg

 

あぁ、貴重な一口がぁああ(ToT)

 

 

1912-paris44-1.jpg

 

 

このレストラン、デモ行進が行われる場所に近かったこ
ともあり、道路は封鎖(歩行者はOK)、警察官だらけ。
心配そうに外を眺める店員さん。
食事中にも銃を持った警察官がトイレを借りに入ってき
て、店員さんと談笑して出て行ったり・・・
なかなか貴重な体験が出来ました。

 

 

 

1912-paris52.jpg

 

そして食後のデザートにスフレ。
本場のスフレを食べてみたいという事で(母も私も甘いの
は苦手なので)二人で半分こしよう!と言って1つだけ頼ん
だのですが・・・

お肉の端っこを落としてしまったお詫びか、シェフから
です〜、と2個出てきた!!!!

う・・・・

うれしいがうれしくないがうれしいがうれし・・・・。

しかもスープの器ぐらいあって、めっちゃ大きい・・・。

殆ど泡でふんわり&しゅわっとしてるんだけど、あっまーっ!
&お酒も結構効いていて、なかなか、なかなか、なかなか
のボリュームでした。
すごい頑張って食べました・・・。

甘い物好きだったら、めちゃくちゃ嬉しくてテンションアッ
プなんだろうけど、この器が二つ出てきたとき、メルシー
ボクーと言っていた私と母のおでこには、ちびまる子ちゃん
のように縦線が出ていたと思います(笑)

でもでも、前菜のサラダもスープも、お肉ももちろんとー
っても好みの味で美味しくて大満足でした♪

 

 

 

1912-paris44.jpg

 

パリと言えば、こういうカフェのテラスで毛布かけてお茶
やお酒をたしなむ、というのが憧れでしたが、いかんせん
タバコ臭い。
店内が禁煙なので、そうですよね、みんな外の席で吸いますよね。

 

 

1912-paris46.jpg

 

なので店内でまったり、です。

母が留学していた半年間、ドイツ、イギリス、スペイン、
フランスで会えて、濃密な時間を過ごすことが出来ました。
親元離れてから、一番一緒にいた時間が長いかも。
(本当はギリシャとイタリアも誘われていたけど、さすがに
そんなお金と時間がないので断りましたが、クラスメイトと
行ったようです・・・)

冥途の土産、が口癖になっているけど、まだまだやりたい事も
いっぱいあるようだし、これからも『冥途の土産』がめちゃく
ちゃ増えていきそうな予感です。
家族の間で、冥途の土産サギと呼ぶ事にします(笑)


と言う訳でパリでのコーデ・:*:・’★.。・:*:・’☆

 

 

ストで歩く事を想定していたので、バルセロナの二の舞には
ならぬぞと、歩きやすーいNikeで行きました(大正解◎)
ただ、綺麗目なレストランにも行くかもと思っていたので
カジュアルになり過ぎないようシフォンのプリーツスカート
にしました。

シフォンプリーツスカート(SELECT/過去ご紹介商品)
Nike(インターナショナリストオールブラック/過去ご紹介商品)
カシミアニットストール(
SHOP取り扱い商品
カシミアリブニット帽(H&M/過去ご紹介商品)
ウールガウンコート(SELECT/過去ご紹介商品)
エコBAG(
ARKET/SHOP取扱商品


ARKETのエコBAG、ロゴの感じもお洒落で、たっぷりサイズで
便利ですヨ☆

 

44PARIS-3

 

お気に入りの一枚。
住宅街からのエッフェル塔。

 

1912-paris21.jpg

 

 

ストで閉鎖中のメトロ。

 

1912-paris34.jpg

 


メトロが使えず、バスは日本の満員電車並みに激混み、
車、タクシーは大渋滞。

なので、すっごい歩きました。
一日二万歩以上。
食べ歩き、というか、食べまくり歩きまくり、でした(笑)

 

 

1912-paris35.jpg

 

歩いてこそ見る事が出来る景色やお店も沢山発見できたので良しっ。

 

 

1912-paris33.jpg

 

こちらはパリジェンヌに教えてもらった穴場。
ギャラリーラファイエットの屋上からパリを一望
することが出来ます。

 

 

1912-paris25.jpg

 

この日は(も!)母の希望で、シックで大人な雰囲気のレス
トランでお昼からピンクシャンパンとエスカルゴ。
(パンもとっても美味しかった!!!)

 

 

1912-paris26.jpg

 

旦那と二人旅なら絶対入らない(びびって入れない)であろうお店・・・

冥途の土産に行っておきたい♪と言われると断れません(笑)
っていうか、冥途の土産多いぞママ!!

エスカルゴのソースに、カリカリのスティック状のパン
をつけて食べるのがとても美味しいのです。

 

1912-paris27.jpg

 

あとはチコリーのサラダとホタテのカルパッチョ(写真忘れました)
を軽くいただきました。

 

 

シンプルだけど手間を感じる一皿。
さっぱりとしたビネガードレッシングにピンクペッパー
かな?


家に帰って真似して盛ってみましたが・・・


 

 

 

↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓

 

ぐだぐだ。

 

 

全然違いますね(笑)
崩れかけみたいだし。
ピンクペッパーがないからと、何故かナッツを砕いてかけて
みたのでアジアっぽさも出てしまっている。
あとオイルもかけ過ぎ!!(水たまりみたいになってる)

とまぁそんな感じで、パート4に続きます・・・((^┰^))ゞ

 

にほんブログ村 ファッションブログ セレクトショップへ
↑↑↑↑↑↑
応援有難うございます!
私の元気の源であります!!

↓↓↓↓↓↓